東洋精鋼株式会社ホームページ

環境方針

当社は、高寿命・高品質そして環境に優しいショット粒などを製造する 工場として社会に貢献するとともに、全ての事業活動の中で環境に与える 主要な影響を継続的に改善することによって、緑豊かな地球環境に融和し、 住民・顧客・従業員・その他の利害関係者から信頼される事業者であり続ける。

そのために…

  1. 環境への影響を調査および評価し、主要な要因を効果的に低減または削減するため、 技術的・経済的に可能な範囲で達成すべき環境目的および環境目標を定める。
  2. そのためにプログラムを立案し、実施し、成果を評価して見直し、 さらには次なる改善目的および目標につなげるための環境マネジメント システムを構築する。この中には適切な汚染の予防活動(定常時およ び非定常時)も含める。
  3. 環境に関する法規法令、規制、条例、協定、その他の合意事項を遵守する。 (騒音については引続き低減に努める)
  4. 従業員に必要な教育訓練、方針の周知徹底などを行い、環境保全意識 が高く、なすべき行動がとれる人材に育成する。
  5. 工場内の緑化維持運動および4S促進を通じた美化運動を推進する。
  6. 次の項目については、積極的に推進する。
    1. (1)歩留の向上(長尺品の削減並びに切断機の開発)
    2. (2)生産性向上(ショット受託加工の時短)
    3. (3)環境に優しいショット粒の拡販
        超音波・PPP装置の拡販(環境への間接影響)
  7. この環境方針は一般の人が入手可能である。
2017年4月1日
東洋精鋼株式会社 代表取締役社長 渡邊吉弘