東洋精鋼株式会社ホームページ

最新情報

2011年度グッドデザイン賞を受賞しました

東洋精鋼㈱では名古屋大学及び(株)吉見製作所と共同で形状記憶合金製品の実用化に取り組んでいます。 この度、自動車のアフターパーツメーカーの(株)AMSに参加いただき、形状記憶合金による自動開閉機構を有 するハイブリッドカー専用の、温度差式自動開閉フロントグリルを開発し、2011年度のグッドデザイン賞を受賞 いたしました。

電気モーターとエンジンを併用するハイブリッドカーの燃費のすばらしさは周知の通りです。しかしながら、 冬場のエンジン低温時には暖気のためだけにエンジンが稼働するため、燃費が低下してしまう課題がありました。 一部の燃費に関心の高いユーザーは、冬場対策としてフロントを遮蔽物で覆い燃費を改善させていることが知ら れています。この様な背景の基、形状記憶合金製ばねをアクチュエーターとして、低温時には空気の侵入を遮断 して速やかなエンジンの昇温と保温を行い、一定温度以上に上昇した後には通気を回復するフロントグリルを開 発いたしました。

現在、市場販売を目指し、形状記憶合金ばねの本数や強度の最適化検討や、燃費改善効果の測定準備を進めております。

開発したフロントグリル
遮断時(低温時)
遮断時(低温時)

通気時(高温時)
通気時(高温時)

グッドデザイン賞第二次審査会場にて
グッドデザイン賞第二次審査会場にて

車のドレスアップに興味のある方>>(株)AMS
形状記憶合金について詳しく知りたい方>>(株)吉見製作所